車査定のチェックポイント | 車査定の重要なポイントをまとめてみました!

車査定のポイントとは

車を手放したいときには、中古車買取業者に車査定をしてもらいます。

 

いくらかでも高く買い取ってもらいたいと思えば、売却する業者も考えたいですよね。

 

でも、高価買取を期待するのなら、業者のみならず売却するタイミングも重要なんです。

 

そこで車査定のポイントから、高価買取をしてもらえるタイミングを紹介しましょう。

 

 

まず、車査定でもっとも重視されるのは「年式」と「走行距離」です。

 

よく10年・10万kmと言われますが、ここが査定金額に大きな差が生じるポイントです。

 

10年・10万kmで走れなくなるほど日本車の性能は悪くありませんし、そういった車は海外へ輸出されているのですが、日本では古い車ほど車検代や保険料も高くなるので買い換えてしまったほうがお得です。
そのため、10年・10万kmが最低限の目安だとされています。

 

 

年式は1年ごとに更新されていきますので、例えば12月に登録を行った車でも約1ヵ月後には1つ年式が古くなってしまいます。

 

なので、売却を考える場合は年をまたぐ前に売却するのがいいでしょう。

 

走行距離に関しては、もちろん走る分だけ距離が伸びしてしまうので、売りたいと思ったらすぐに売却してしまうことです。

 

あとは、そのときのタイミングが合えば、車種ごとの季節の需要を狙ったり、決算時期を狙うことで多少なりとも高価査定が期待できます。

 

その上で一括査定サイトを活用して、高く買い取ってくれる中古車買取業者を見つけましょう。