車査定のチェックポイント | 車査定の重要なポイントをまとめてみました!

自動車査定と新車の販売について

自動車というのは、基本的には、新しいものが売れることによって、はじめて自動車会社は利潤が出るわけですから、中古車というのは、むしろ商売にマイナスになるように考えがちです。

 

はじめのころの自動車市場というのは、確かにそうした考えもあったのですが、中古車の市場が成熟してきますと、むしろ自動車の業界全体の底上げに繋がったという、とても良い結果が生まれたのです。

 

このため最近では、新しい自動車を販売するメーカー自身が、中古車を積極的に取り扱うようになりまして、メーカーそのものが中古車のお店をたくさん所有しているほどです。

 

 

また、自動車を売る直接の現場であるディーラーにおいても、中古車に対する認識が変化してきています。

 

例えば、ディーラーのお店の工場で車検などの検査や、修理などを行いますと、ディーラーが積極的に現在の自動車の価格の査定をしてもよいかの確認をしようとしています。

 

これには、いくつかの意味があるのですが、まずはディーラーの本来の目的である、新車を販売するきっかけに繋がるのです。

 

自動車の価格というのは、一部のものを除きますと、基本的に一定の年月や走行距離があると、価格が大きく下がります。

 

このため、現在の価格がこの程度であるならば、思い切って早めに新車に乗り換えようという、動機づけになることがあります。

 

 

 

また、実際にディーラーで自動車査定をして、新車購入にあわせて中古車を下取りをすると、下取り価格を上乗せして、新車の購入を促すことになるのです。